ねこちぐら



転載〜「くるるん歌会」 出詠詠草

遥かなる時の巡りのその彼方巡って戻るかの掌
f0073361_2102999.jpg
 翻す袖も裏白ささらぎに何を濯ぐや御祓を過ぎて
[PR]
# by kashimaokami | 2007-08-03 21:01 | 木天蓼(その他の歌・歌評)

杜若〜返歌〜

f0073361_20561179.jpg
元歌 : 三笠山の月と謂れし武士のかげと言われて咲く花の頃



 かの月の煌と在りしを見詰めてぞ咲き誇らんや三笠の山に

 紫も薄きままにてあめの下 君が護りに咲く杜若

 誰れをかも知る人ぞなく咲くもよし あれなる月の見守りあれば 
[PR]
# by kashimaokami | 2007-08-03 20:56 | 木天蓼(その他の歌・歌評)

神の手

f0073361_2052487.jpg


神の手は見えざるが良し時折にかいま覗けるその畏ろしき

大きなる掌にて眠り居る長き眠りを醒されるな 君

神の手に抱かれて在る眼をば開けば至福と恐怖はひとつ

神の手を求むる勿れ求めれば無限に続く「永劫」の淵

永劫の掌の熱じんわりと識ればここより戻る途は無し

戻れぬと戻らぬとまた君が手に添い臥しあればなべて静謐

かすかなる揺らぎももはや遠くして背中を撫でいる指の温もり
[PR]
# by kashimaokami | 2007-08-03 20:53 | 木天蓼(その他の歌・歌評)

寂滅

f0073361_215991.jpg

 呼ぶ声の荒ぶれてまた耳底に哀しからずやこの宵もまた

 愛などと言うは羞かし憐憫と申すは笑止 ただに宿業

 逃れいず術はあれども逃れ出で荒野に立つはいかほどの我れ
 
 赤光に沈みゆく面その陰翳(かげ)を誰ぞ知るらむ 我れならずして

 鎮めぞと伝え聞きたる倭文の宮 今ふたたびの邂逅なすか
[PR]
# by kashimaokami | 2007-08-03 20:48 | 木天蓼(その他の歌・歌評)

転載〜「紅」歌会 出詠詠草

胸内に烈火のごとき熱抱きてやわやわと揺る白き稜線

またひとつぽとりと落つる寒椿滴る血潮はなにゆえの紅(あか)

購いに流されし血の熱さなど忘れしごとき聖典信徒

風ゆきて人もゆきたる野の片辺崩れるごとく曼珠沙華揺る

薄闇にひとつふたつと鬼灯(ほおずき)のゆらり誘う幽世(かくりよ)の宴

生くならば躊躇うこと無き疾風の紅蓮に染みて奔り抜くのみ
f0073361_2045742.jpg
[PR]
# by kashimaokami | 2007-08-03 20:46 | 木天蓼(その他の歌・歌評)

聖謐

f0073361_06181.jpg
仰ぎ見る瞳に遠しかの人の眼に深き落日の翳

抱かんと腕延べればなお遠く去りゆく背のいかにも多し

まずもって躓かぬよう彼方より神は遠くに仰ぐが重畳

捧げ持つ聖杯満たす紅の思いは深く後に哀しき

語れども聞く耳はなく溜息のひそと溢れて風に紛れぬ

聖典をひたと見つむる眼らに神の映れる暇すらなし

伏し拝む頭に飽くも向き合うにあまりに高き御身の憂鬱

いにしえはいにしえとなりこの頃は彷徨い続く栄光のゆえ

つれなきと異教の我れを責むごとく面差しまたも視界に滲む

我を見よと鷲掴むごと眼光の猛きに竦む日々の狭間に

赦しをば乞うべき君が民ならず何故に尚そこに在られる

逃れてはならぬ逃さぬ我れならで誰れに縋ると夜々の囁き

縁無き異教の民と申せるに黙して首を振りたるは何故

如何に言い言わずとやがて平れ伏すと佇み開く腕の憎し

敬虔な民人多く在りたるに野卑を追いしはいかにも酔狂

つらつらと日々に述べるも片言も聞こえぬ振りの聖なる面

この世なる身の小ささの口惜しき そろりそろりと後ずさるのみ
[PR]
# by kashimaokami | 2007-06-08 00:04 | 木天蓼(その他の歌・歌評)

転載「緑」歌会〜出詠詠草

f0073361_23561245.jpg
水光る午後にはふらり草枕蒼の匂いに抱かれて眠る 

朗らかな乙女らの笑み何処へと問えど早苗はそよげるばかり 

朝(あした)ごと艶めき増して若青葉生命はもゆるこの一瞬を
[PR]
# by kashimaokami | 2007-06-07 23:56 | 木天蓼(その他の歌・歌評)

転載「旅」歌会〜出詠 詠草

【本詠草】

ゆうるりと任せてみるかこの路の果て知らずとも花咲けるなら

天狼はまさに輝き宇宙(なかぞら)を見えざる舟ゆく櫂の音ひそかに

陽光は砂塵の果て巡礼と難民ひしめくかのエルサレム

幾星霜過ぎ来しもなお変わらじと微笑み交わす同行二人

カラカラとマニ車鳴るヒマラヤの夜明けを超えて逍遥はるか

【番外詠草】

熊野路を思えばカラスのまた鳴きて早う早うとせかさるる窓

ディバックひとつ背負いて迷い路カトゥマンドゥは土の香の中

高窓に生き神少女(クマリ)微笑みし路地に少年硬貨をねだる

いつの日かその眼差しと再びの邂逅なさんスワヤンプナート

飛行機の離発着など他所ごとに牛が草食む国際空港

f0073361_22321358.jpg
[PR]
# by kashimaokami | 2007-04-30 22:32 | 木天蓼(その他の歌・歌評)

再掲・青若葉

青若葉
 流鏑馬の蹄の跡もはらわれて森閑たりし斎庭の朝

 青若葉ひとひのごとにつや増してやまとごころの照り映ゆ五月

 雑踏に眠れる炎(ほむら)を訪ね行く ひのもと照らす直ぐし眼を



 あんまり、迷惑トラバが多かったので、移動しました。
[PR]
# by kashimaokami | 2007-04-24 00:03 | 木天蓼(その他の歌・歌評)

完走〜♪

完走しました・・がっ、
著者名を全部、入れ忘れたので、無効かもしれません。

わっはっは・・・(ーーv


修正分、現在にて終了です。(3/1  20:11)
[PR]
# by kashimaokami | 2007-03-01 05:44 | 鰹節2(題詠2007)


妖猫nekomataのつぶやき歌
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ぶっく・まーく
海のあを空の青 http://cgi.mediamix.ne.jp/~t2499/cgi-bin/lightkeiji/lightx.cgi

お気楽に
http://sasayaka.air-nifty.com/tanka/

題詠2006深い海から http://shinkaigyo.wablog.com/3.html

紫草紙・・歌のあるばむ http://diary.jp.aol.com/mymbs4/

ずいきち牧場 http://zuiky.exblog.jp/

非天の笑み http://blog.goo.ne.jp/asuranoemi/
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
Granny sex.
from Granny hardcor..
Ephedrine bu..
from Ephedrine and ..
Ultram buy u..
from Ultram buy ult..
voyure
from sex voyeur
voyure
from sex voyeur
voyure
from sex voyeur
voyure
from sex voyeur
voyure
from sex voyeur
free task ma..
from free task mana..
pdf content ..
from pdf content im..
tail light b..
from tail light bez..
barnyard babes
from barnyard babes
tail light b..
from tail light bez..
barnyard babes
from barnyard babes
tail light b..
from tail light bez..
barnyard babes
from barnyard babes
barnyard babes
from barnyard babes
tail light b..
from tail light bez..
tail light b..
from tail light bez..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧